ラーマチャンドラン・ナレンドラ

インド人霊能者でヒーラー、R.ナレンドラについて

hasu_syokuyou012.jpg名前: ラーマチャンドラン・ナレンドラ
生年月日: 1970年11月26日
出生地: インド、カルナタカ州、バンガロールに近いホワイトフィールド 


ヒーラーになるまで

幼い頃よりヒーラーであった祖父の元で育つ。
1995年、25歳の頃、上の化身と云われているサイババのアシュラム(霊性修行の場)の近くで仕事をしていたある日、グル(守護霊、ハイヤーセルフともいう)から「行け!行け!(Go! Go!)」というメッセージを受け取る。行けと言われても最初はどこへ行けばいいのかわからなかったが、ある日のサイババのダルシャン(神が祝福を与える儀式)で最前列に座っていたところ、隣にネパールの帰依者(教えを信じて実践する人)が座っていた。彼らとネパールのヒマラヤの話をしながらサイババを待っていると、サイババが彼の前まで歩いてきて、右手人差し指で山脈の形を空中に描くしぐさをした後、『行け、行け』というジェスチャーをしたのだった。その時はその意味がわからなかったが、数日後ヒマラヤの夢を見て、それが「ヒマラヤへ行け」という意味だとわかる。

ネパールの行けるところまで飛行機、バス、タクシーを乗り継いで行き、そこからトラッキングをはじめて15日ほど過ぎたある日、道の向こうから数人のサドゥ(修行者)が歩いてくるのに出会った。1人のサドゥにヒンディー語で「来い」と言われ、自分の意志とは関係なく自然に彼らについて歩いて行くと、ある洞窟に着いた。

16人のサドゥは言葉を使って会話をすることがほとんどなく、瞑想三昧の日々を送っていた。ナレンドラも彼らにならって瞑想を続けていたある日、道で彼に声をかけたサドゥが言葉を使わずに話しかけてきた。彼の名はバデリナードといい、年齢は300歳(西暦2000年現在)であった。

バデリナードから良くないエネルギーを身体から取り除き、替わりに良いエネルギーを注入するヒーリングの極意を教わり、マントラも授けてもらう。洞窟に来てから3~4ヶ月ほど過ぎたある日、バデリナードから「下で君を待っている人がいるので、山を降りなさい」と言われ、山を降りたところ、知り合いの日本人グループが彼を探しに来ていた。そのグループの中に体調を崩している人がおり、その人に施術したのが最初のヒーリングであった。


日本での救済活動

その後インドおよび日本など各地で様々なヒーリング技術を習得し、日本に滞在していた1996年のある日、グルから「助けに行きなさい」のメッセージを受け取る。その3日後に神戸の大震災が起こり、負傷した人々へのヒーリングと救済活動に関わる。ヒーリングと重労働による過労で体調を崩したためインドへ戻り、その後4年間ヒーリングを停止する。その間もずっとグルから「ヒーリングをしなさい」というメッセージを受け取る。


再来日~現在

2000年、日本人のパートナーとの出会いをきっかけに再び日本で本格的なヒーリング活動を始める。身体の痛みや不調を訴える方々、医師や看護婦、鍼灸治療師など治療に携わる方々、霊につかれてお困りの方、人から良くないエネルギーを吸収しやすい方、ブラックマジックを使ったことによる後遺症に悩む方、不妊に悩む方、失恋の痛手でパワーを失っている方、喘息発作に苦しむ小さなお子さんを持つお母さまなど様々な悩みをお持ちの方々のヒーリングを行っている。2010年2月までの10年間で述べ約1万名の方々のリーディング・ヒーリングを行った。