HOME > こぼれ話2

スピリチュアルこぼれ話

PartII

s_india17.jpgこのコーナーでは、ヒマラヤヒーリングを訪れたお客様とヒーラーとのやりとりからわかったスピリチュアルに関することで、一般的に共通することを徒然に書き綴っていきます。


人を癒す人、人から奪う人

ナレンドラのリーディングでは、リーディングが終わると目を開け、手相を見せていただいています。そのときに必ず「手相は人に見せない方がいいです」と言います。なぜかというと人によっては手を触ることにより相手から良いエネルギーや幸運をとっていってしまう人がいるからです。
そんな人がいるのかしら?と私も半信半疑でしたが、ヒマラヤヒーリングを訪れるお客様の中には、ヒーラーになれる程のとても良いエネルギーをお持ちの方がいらっしゃったこともありますし、反対に人の持っているものを奪う能力を持っている方もいらっしゃいました。つい最近、占い師の方で人から奪うことのできる能力をお持ちの方が実際にいらっしゃいました。お断りしておきますが、この場合、ご本人は人から奪おうという意識を持ってやっているわけではありません。生まれ持った性質で無意識にやっているのです。
ヒーラーや占い師など癒しを仕事としている方の中には、本当に相手から良くないものを吸収して、替りに良いものを与え、本当の意味で癒しを行っている人と、ご本人は人を助けているつもりでも実際には相手から良いものを奪っている人がいるようです。少なくともヒーラーを名乗るのであれば、エネルギー的に自分が何をしているのかをわかっていて欲しいものですね。そこまでのレベルに達するのは、かなり難しいようですが・・・・・。
最近ヒマラヤヒーリングに、電話であるヒーラーに4時間ヒーリングをしてもらった後に喉が腫れて風邪のような症状がずっと続いているとか、あるヒーラーのところへ行って施術を受けてから自分が自分でなくなった感じがするとか、前よりもっとひどくなったとかいうようなことでヒーリングに来られた方が続いていらしゃいました。そのヒーラーや占い師がほんとうに良い能力のある人なのかどうかは実際に行って受けてみないとわからないものですが、少しでも気になるところがある場合はやめたほうがいいでしょう。
ナレンドラのヒーリングの後も家に帰るまでには疲れた感じになりますが、家に着いた後シャワーを浴びて少しゆっくり休んでいただいた後はすっきりした気分になります。疲れが翌日以降も続いたり、施述後に非常に具合が悪くなるような場合はヒーリングではなく逆に良くないものを受けてしまっていると考えられますので施術を受けるのを中止されることをお勧めします。
ヒーラーといってもいろんな人がいますから、お気をつけくださいね。


前世を記憶している人々

最近ヒマラヤヒーリングでリーディングを受けられたお客様で前世を記憶していたり、前世の夢をよく見るという方がいらっしゃいました。
1人の方は夢で繰り返し出てくるビジョンがあるとおっしゃっていました。その夢にはとても美しい女性が出てきて「レイラ」と呼ぶのだそうです。そしてどこかの南の島も出てくるとおっしゃっていました。
リーディングをしてみると、そのお客様には2つの前世が見え、1つは300年程前の中東の王族の娘でとても美しい女性だったそうです。そしてもう1つの前世は120年前位のハワイでした。たぶん夢に出てきた美しい女性は前世の彼女で”レイラ”という名前だったのでしょう。
ハワイのときの彼女には霊的な力(ヒーリング能力)があったようで、そのパワーが今の彼女にも受け継がれています。体調の悪いお友達の身体に手を近づけると、どの部分が悪いのかがわかるそうです。また、子どもの頃から英語には全く違和感がなかったともおっしゃっていました。
もう1人のお客様は結婚されていましたが、リーディングでご主人は前世でもパートナーだった方ということがわかりました。彼女は36歳で結婚されましたが、若い頃からずっと、「いつか必ず真実の人が現れる」と信じて疑わず、へたに妥協して別の人を選ばずに真実のパートナーに出会うのをずっと待ち続けた人です。
そして、ご主人とは初めて会ったにもかかわらず、もうずっと昔から知っている人のように感じたそうです。ナレンドラは時々リーディングで、真実の人に出会うと「この人だ」とすぐにわかるといいますが、本当にそう感じるんですね。
このお客様のお話にはとても感動させられました。
他にも前世に誰かと約束をしてきたような気がするというお客様がいらっしゃいました。彼女は前世では男性で、奥さん以外にも女性がいて、その女性との間にお子さんもいました。今のご主人は前世で奥さんだった方で、今度生まれ変わったときにはいい夫婦になろうね、と約束して生まれて来られたようです。
また、前世がチベットのお坊さんの方で、やはり夢で経典のようなものがたくさん並んでいる部屋を何度も夢に見られた方がいらっしゃいました。その方はもう50代でしたが、この後の人生は恵まれない貧しい人たちを助けながら生きていきたいとおっしゃっていました。この方のように前世でお坊さんなどの霊的な人生をおくられていると、今世でも霊性に目覚め、他の人々を助けることをされます。そういう方たちは、この人生が最後で、この人生の後またこの世に生まれ変わることはない、とリーディングで云われる場合が多いですね。


「どんな仕事をするか」より、「どんな人生を生きるか」

ヒマラヤヒーリングでリーディングを受けられるお客様に接する中で気になることがあります。それは、”自分には前世でやっていた仕事に関連する何か隠れた能力があるのではないか”、ということです。それを教えてもらえればその方向の仕事をしたいということなのでしょう。中には前世でデザイナーや建築家、絵を描くなどの芸術的な仕事ことをしていたという方もいらっしゃいます。でも、そういう方は今世でも美に関する仕事をしているとか、ものを書く仕事をしているとか、絵を描くのが好きとかで何かしらすでに関連することをしていらっしゃることが多いです。
また、ご自分に合った仕事はどういう仕事かと聞かれる方々も多いのですが、リーディングではあまりぱっとした特別な仕事は言われず、公務員、パソコンを使った事務の仕事、販売、飲食店などと言われることが多いです。「向いている仕事はパソコンを使った事務の仕事です。」と言われると、拍子抜けされたような反応をされる方もいらっしゃり、時々、「もっと絵を描くとか、文章を書くなどの才能はないのですか?」と聞かれたりします。そういう場合は、そのどちらかに興味があるかどうかを聞かれ、興味のあることを何でもやってみることを勧められます。
中には、特に得意とか興味を持っているものは何もないのだが、自分は何をしたらよいかと聞かれるお客様もいらっしゃいますが、リーディングでは、興味関心があるなしに関わらず、「あなたは将来○○になる!とか、「△□に向いている!」などというような洗脳じみたことを言われることはほとんどありません。
ご自分の人生はあくまでご自分でつくりだしていくものです。何か得意な事や技術を持っていれば、それを生かした仕事をすればいいですし、何かやりたいと思うことがあれば、それに必要な勉強や技術を学んでその仕事を得られるような努力をすればいいわけです。もし何もなければとりあえずどんな仕事でも自分のできること、興味のある事をやってやりたいことを見つけて行くしかありません。リーディングでもその当たり前のことを言われます。
私個人としては、どんな仕事をするかは人それぞれで、仕事はあくまで持ち物(仕事を持っている、と言うでしょう?)であって、その人自身の価値とは無関係ではないかと思うのです。どんな仕事をしていようと、たとえ何の仕事もしていなくても、もともと人には価値があるのだから、幸せに生きていていいんですよね。
私自身も昔若い頃は、”生きがいを持ってやれる仕事”が何かあるはずだと、転々と職を変えていましたが、今では、探していたのは職ではなく、生きる意味や人生の目的だったのだと思えるのです。
どんな仕事をするかよりは、どんな自分を創り出していくか、どんな人生を生きていくのかの方が重要なのではないかと私は思うのです。


ソウルメイトとは?

もうひとつ気になることは、「ソウルメイト」についてです。今関わりのある人は自分のソウルメイトではないか、ということです。前に結婚の経験があって今は独身の方とか、今すでに結婚しているが、最近出会ったある人に対してとても思いが強いので、ひょっとして前世で深い関わりのあったソウルメイトではないかとお聞きになるのです。
そういった方に共通するのは、前世で深く関わりがあり、とても幸せな関係だった人がソウルメイトとして今世でも最高の理想的なパートナーとして現れるというような幻想を抱かれているような気がしてならないのです。
いろいろな方々のリーディングを側で聞いていると、離婚経験のある方の前の夫(妻)が前世での夫婦だったというのはよくあります。前世結婚していながら別の人とも関わりがあり、その別の人の方が今世でのパートナーであるということもあります。でもそれは前世でとても仲がよくて理想的な間柄だったから、また今世でもいっしょになろうね、ということではなく、前世で果たせなかった何かがあるので、また今世もパートナーとして選んだということのようです。魂は何かを学び、何かの問題をクリアするために再びこの世に生まれ、家族やパートナーなど、それを実現できるような人々を選びます。前世でとても仲のよい夫婦だったら、今世またいっしょになる必要がないからです。
そうすると、ソウルメイトとは、前世でとても仲のよい、相性ピッタリのパートナーではなく、今世で成長するために必要な要素をもっている人ということになりますね。だから、結婚していながら気になってしかたのないあの人ではなく、すでにあなたの隣にいる夫こそがソウルメイトだということです。そして、あなたが今好きで好きでたまらないあの人も、結婚してしまえば、自分が思い描いていた理想的な相手とはほど遠い欠点だらけの人となりますが、それはあなたがパートナーシップにおいて今世で学び、成長するためにはかけがえのないソウルメイトなのです。


「解脱!」

さらにもうひとつ気になるテーマが「解脱」です。霊的な生き方をされているお客様で時々、「自分の今世での目的は「解脱」であるが、自分は解脱できるかどうか?」と聞かれる方がいらっしゃいます。そういう方は何となくその「解脱する」ということにとてもこだわっている(執着している)ように感じるのです。ナレンドラのリーディングで、中にはそういう質問をされなくても、生まれ変わりは今世で終わりです、と言われる方もいらっしゃいます。たいてい年配の方で、その方のお姿や物言いから「そうだろうなあ~」と納得させられる方です。そういう方には「解脱」への執着が全く感じられません。
霊的な修行の究極の目的は「解脱」なのかもしれませんが、いろんな方のリーディングを聞いていて、「解脱」ってしたい、したいと思ってできるものなのかなあ・・・・・?、と思えてきます。というのは、前世が高名のお坊さんで人々を助け、教え導いていたという方でも、今世また生まれ変わって普通に苦労する人生をおくられている方もおられるからです。そんなに霊的な生き方をされて人の為に尽くしたにもかかわらず、また生まれ変わってくるなら、いったいどういう人、どういう人生だったら解脱できるのだろうか、って思ってしまいます。
私自身も時々、この現実の人生があまりにもいろいろな修行をさせられるので、「今世で修行は終わりにしたい!」と思うことがありますが、そうすると自分の中のどこからか「まだまだじゃない~い?」という声が聞こえてくるのです。「解脱」できればそれに越したことはありませんが、私の場合はもっと神様に近づいた霊的な生き方をする努力の方が先ですね。そうなれたらきっといつか、神様がプレゼントして下さることでしょう。何世紀先になるか知りませんけどねぇ~。先は長そうです。


前世のパートナーとの出会い

ナレンドラのリーディングでは、その方のご主人や恋人が前世でもパートナーだった方かどうかがわかりますが、
最近当ヒマラヤヒーリングにリーディングでいらした方のうち2人のお話がとても印象的だったので、ご紹介させていただきます。
1人の方は50歳を過ぎた女性で、ご主人との仲がとてもよく、「次に生まれ変わっても夫婦になろうね。」と毎日言い合っている程だということでした。その方のご主人との出会いは、昔一時期テレビでよく取りあげられたことのある宗教団体でした。
もう1人の方は若い方で、今お付き合いをしている方が歯医者さんなのですが、やはり前世でもパートナーだった方です。そのお客様が患者さんとしてそのクリニックを訪れたのが出会いですが、たくさんの歯医者さんがある中で、ずっと前からなぜか「この歯医者さんに行かなきゃ、行かなきゃ」と思っていたそうで、初めて出会ったにも関わらず、まったく違和感がなく、すぐに親しくなられたそうです。
こんな感じで、前世のパートナーとはどんな形でも引き合わされることになっているようです。でも必ずしも前世のパートナーと今世も結婚するとは限りませんし、仲が良い夫婦になるとも限りません。前世のパートナーと出会ってお付き合いしても、その後お別れして、今世でのご縁が終わった方も多くいらっしゃいます。また、今世でのご主人が前世でも夫だったという方はそう珍しくはありませんが、それほどうまく行っているとは思えないのか、「えー!?」と言われる方もいらっしゃいます。
前世のパートナーと再び今世で出会う目的は、初めにご紹介したご夫婦のように、仲が良かったからまたいっしょになろうね、というのと、前世でうまく行かなかったからもう1回やり直そうね、というカルマ解消のためと両方あるようです。


前世のパートナーとの出会い

ナレンドラのリーディングでは、その方のご主人や恋人が前世でもパートナーだった方かどうかがわかりますが、
最近当ヒマラヤヒーリングにリーディングでいらした方のうち2人のお話がとても印象的だったので、ご紹介させていただきます。
1人の方は50歳を過ぎた女性で、ご主人との仲がとてもよく、「次に生まれ変わっても夫婦になろうね。」と毎日言い合っている程だということでした。その方のご主人との出会いは、昔一時期テレビでよく取りあげられたことのある宗教団体でした。
もう1人の方は若い方で、今お付き合いをしている方が歯医者さんなのですが、やはり前世でもパートナーだった方です。そのお客様が患者さんとしてそのクリニックを訪れたのが出会いですが、たくさんの歯医者さんがある中で、ずっと前からなぜか「この歯医者さんに行かなきゃ、行かなきゃ」と思っていたそうで、初めて出会ったにも関わらず、まったく違和感がなく、すぐに親しくなられたそうです。
こんな感じで、前世のパートナーとはどんな形でも引き合わされることになっているようです。でも必ずしも前世のパートナーと今世も結婚するとは限りませんし、仲が良い夫婦になるとも限りません。前世のパートナーと出会ってお付き合いしても、その後お別れして、今世でのご縁が終わった方も多くいらっしゃいます。また、今世でのご主人が前世でも夫だったという方はそう珍しくはありませんが、それほどうまく行っているとは思えないのか、「えー!?」と言われる方もいらっしゃいます。
前世のパートナーと再び今世で出会う目的は、初めにご紹介したご夫婦のように、仲が良かったからまたいっしょになろうね、というのと、前世でうまく行かなかったからもう1回やり直そうね、というカルマ解消のためと両方あるようです。