こぼれ話3 of ヒマラヤヒーリング


HOME > こぼれ話3

スピリチュアルこぼれ話

PartIII

4.jpgこのコーナーでは、ヒマラヤヒーリングを訪れたお客様とヒーラーとのやりとりからわかったスピリチュアルに関することで、一般的に共通することを徒然に書き綴っていきます。


守護霊は生きてる祖父!?

つい最近、ヒマラヤヒーリングに母子でいらっしゃった方のお話です。セッションを受けられたのは娘さんだけだったのですが、その娘さんのリーディングのときにわかった事です。リーディングの終わりの方ではで、守護霊(その方を護り導いてくださる高度な魂の方)がどんな方なのかが伝えられますが、その娘さんの守護霊は、母方のおじいさまと伝えられました。娘さんは少しお母様の方を向かれて確認をとるようにうなずかれ、「おじいさんはまだ生きているんですが・・・」とおっしゃいました。
私はお母さまのおじいさまの間違いではないかと、訂正しようかと思いましたが、そのまま通訳してナレンドラに伝えると、彼は「イエス」と答えました。そして「おじいさまはお元気ですか?」と聞いたところ、もうかなりのお年でほとんど寝たきりの状態だということでした。 
ナレンドラが言うには、まだ今世で生きているうちにその魂がご家族を護り、導いていることがあるそうです。そして亡くなられた後もそのまま守護霊となって護ってくださるそうです。
守護霊はまた、ご先祖の方の場合、そのご家族全員を護ってくださっている場合もあり、親子でいらした方の守護霊が同じ方という場合もありました。
私は、最近亡くなられたご家族が守護霊の場合、その前には別の方が護っていてくださったのか?というような疑問を抱くこともあるのですが、その前のことはわからないのかもしれませんし、スピリチュアルな事は現実社会と同じようには考えられないこともあると思い、あまり深く追求はしていません。とにかく誰にでも少なくとも1人は護り導いてくれる方がついていて、その方はご先祖かもしれないし、そうでない場合は、神様やエンジェル、精霊のような存在の方だということは言えるようです。


こんなにも違うものなの?!

今回はいつものようなお客様やセッションについての話ではなく、うちの子どもについて書きたいと思います。
うちには3歳半の息子がおりますが、かなり”かん”が強いというのか、周りの環境の影響を受け易いらしく、遊園地など人のたくさんいるところへ行くと「頭が痛い」と言ったり、昨年生まれつきの奇形の手術のために国立病院に入院したところ、入院当日からひどい荒れようで夜中0時過ぎても眠らず、泣き叫び続けたために、手術が終わって退院許可がでたその日に早々と退院させました。
その息子には新潟に祖父母がおり、祖母は出歩くのが好きなため、よく東京に出てきては泊まって行きます。祖母が来ると息子はハイになり、家の中では活動的に騒ぎます。子どもは誰かお客さんが来ると喜んでハイになるものなのだと思っていました。いっしょに外へ食事などに行こうものなら手をつないで歩いていても手を振りほどいて走り回ったりして危なくて目が離せない状態になります。だから息子と私と3人でディズニーランドに行こうと言っても祖母は、「たいへんだから」と嫌がるんですよね。
つい最近息子の祖父が来て泊まることになりました。祖父が東京に来て息子に会うのは年に2回くらいでしょうか。祖父はあるヨガの団体の代表をしており、定期的に会議で静岡県まで行くのですが、新潟の地震で新幹線が一部不通になって時間がかかるため東京で一泊することになりました。息子に「今日、じーじが来るんだよ。」というとお昼寝から目覚めた後から「じーじ来ない、じーじ来ない」と今か今かと待っていました。
夕方になってようやく待ちかねていたじーじが来たので、夕ご飯を外で食べようということになりました。レストランまで歩いていくのに、途中さぞかしテンション高く動きまわるだろうと思っていました。
いつものように家の前で私が息子の手をつなごうとしたらのですが、するっと自分の方から祖父の手を握りました。そこからして”めずらしい”と思いました。私や祖母とも手をつないで歩きますが、自分から手をつなごうとすることはめったにありません。そして隣の駅まで10分~15分くらいでしょうか、歩いて行ったのですが、その間息子はず~っと祖父と手をつないだまま、おとなしく歩き続けるじゃありませんか!びっくりしましたね。こんなにも違うものかと思って。
祖父は僧侶でもあり、ふだんからしゃべらないわけではありませんが、どちらかというともの静かな性格ではあります。そして、ヨガで瞑想などの修行をしたからでしょう、たぶんマインドがとても静かで穏やかなんだと思います。だから手をつないでいる息子もその影響で静かにおとなしく歩いていたのでしょう。
対照的に祖母はおしゃべりで頭で常にいろんなことを考えていて、マインドが忙しい(モンキーマインド)の状態なんだと思います。だからいっしょにいると息子が影響を受けて騒がしくなってしまうんでしょうね。
マインドの違いが人にもこれほど大きく影響するものだということをまざまざと見せられた体験でした。
息子に限らず、私自身もセッションを受けにいらっしゃったお客様の状態に影響されます。人間は目には見えませんが、どんな人でも多かれ少なかれ人にエネルギーの影響を与え、そしてその影響を受けているのでしょう。


エステでひどい目に・・・・・

今回もお客様についての話ではなく、私自身が体験したエネルギーの影響についてのお話です。
私の友人は、MLM(ネットワークビジネス)系の化粧品を使って自宅でエステをしています。彼女とはサイババがご縁で5年位前に知り合い、それ以来ナレンドラ共々親しくお付き合いしています。
私自身化粧品は、20年来の知人の奥さんのエステサロンからハーブ100%のものを購入して使っています。というのは、私は肌が非常に敏感で、ひどいアトピーになっていたときにこの化粧品に出会い、それ以来ずっと使っています。しかし、最近その知り合い夫婦とちょっとトラブルがあったので、もし他にこの化粧品と同等以上で、価格も手ごろのものがあれば変えてもいいと思ってその友達に連絡し、とりあえずエステをやってもらうことにしました。
エステについての話はここでは割愛させていただきますが、エステを終えて、帰りの電車に乗って座ったとたん、「疲れた~」という感じがしました。あれっ?何でだろう?ヒーリングされて疲れが出たのかな?とその時は思いました。というのはナレンドラのヒーリングでは、お客様に「ヒーリングの後はまっすぐ家に帰ってシャワーを浴びてください。家に帰るまでに疲れた感じになりますが、それは良くないエネルギーがどんどん外に出ているからです。」とお伝えしているからです。
その夜、そうでないことがわかりました。背中がばんばんに凝ってきたからです。それで、「あー、彼女のところで何かもらって来たんだ」ということがわかりました。実をいうと、ナレンドラから彼女はエネルギー状態がとても悪い(人の悪いエネルギーを吸収してしまう人だから)と前から言われていたのですが、すっかり忘れていたのです。
そしてさらにその晩からまったく眠れなくなってしまいました。眠ろうとしてもほんの一瞬意識が遠のく程度で、すぐまた意識が戻ってしまいます。まるでどうやったら眠れるのか忘れてしまったような感じでした。
眠れないだけならまだしも、背中の凝り、特にハートのチャクラの背中側に何か鉛のようなものが埋め込まれたような感じで、気持ち悪くてたまりません。何とかしたくて瞑想したり、お風呂に入ったり、マッサージに行ったり、カイロプラクティスに行ったりしました。ちょっとは良くなるのですが、またすぐぶり返してきます。ちょうどナレンドラがインドへ帰国している間だったのでヒーリングもしてもらえず、ナレンドラが早く帰ってきてくれるのをただただ待つばかりでした。
以前にセッションを受けに来られたお客様からも良くないエネルギーを受けて、今回のような状態にはなったことはあります。でもそのときは眠れないということはありませんでしたし、3日位で元に戻りました。ところが今回はもう1週間以上たつのにまだ良くなりません。数日後、ナレンドラがインドから戻り、ヒーリングをしてもらいました。7つのチャクラがすべて開いていて、ハートのチャクラのバランスが崩れているということでした。チャクラは閉じてもらいましたが、それでもまだ背中の凝りと鉛のような感じは消えません。どうしたら、いつになったら消えるのか。。。。しかし、こうも考えられます。これは私に何かを経験させるため、何かを学ばせるためのもので、意味のあることではないかと。そう思って何とか耐えていました。
エステに限らず、鍼灸やマッサージなど、人に触れる仕事をする人は、受けたエネルギーをケアすることが非常に大切です。私自身はマッサージなどに行くときは、なるべく午前中や午後の早い時間に行くようにしています。中にはそういうことをちゃんとわかっていて瞑想したり、受けたエネルギーを外に出す努力をしている治療師の方もいらっしゃいます。ヒーリングを仕事とする場合は、そういうこともきちんとわかった人のところへ行くのが望ましいですね。
その後、ナレンドラに再びヒーリング(といっても背中をさっとひとなでしてもらっただけですが)をしてもらって、今日背中の鉛のようなものの存在はなくなりました。まだ背中のむずむず感(凝り)は残っていましたが。。。完全に元の状態に戻るのには、1ヶ月位かかりました。受けやすい方のたいへんさが私にもよくわかった体験でした。